持たざる者の生存戦略

人類最底辺に位置する人間の軌跡

他人の発言をすべて演繹法で解釈するゲーム

今回は,僕が日頃やっているゲームを紹介しようと思う(以下の文章には,アニメ:廻るピングドラムのネタバレがあるので見てない人は注意してほしい).読者諸兄におかれては,上長にもっと論理的に考えろと言われることはないだろうか? 僕はよく言われる.そもそも,論理的とは何かという定義の話は哲学者に任せることにして,僕は,手っ取り早く,論理的というものを演繹的と捉えてみることにした.本日の記事で紹介するゲームは,その結果として生まれたゲームである.

名付けて”他人の発言をすべて演繹法で解釈するゲーム”である.

タイトルと全く同じ名前であり,ひねりがないと思われるかもしれない.だが,ひねってあるのものは,僕の髪と精神だけで十二分であると考える.

 

さて,今回,お借りするのは,以下のWEBページです.

「輪るピングドラム」が「まどマギ」よりも悲しいかったワケ | 一本気新聞 家紋、アニメ、ビートルズ

本ブログのタイトルを見てもわかるだろうが,僕は,ピングドラム大好きっ子である.さて,先ほどのWEBページの文章を全て演繹法で解釈するのは,さすがにゲームのやりすぎだとして怒られてしまいかねない.そこで,今回は,抜粋してきた以下の文章でゲームを行う(注意して欲しいのはこれはあくまでゲームであり,誰かの発言を批判したり,文章を添削したりするのが目的ではないということだ.それになるべく,書き手の言いたいと僕が予測したものを演繹法で書いているが,必ずしもそれが本当に書き手の伝えたいことであるとは限らない)

 

ー引用開始ー

しかし、陽毬が最後に手にしたのは、苹果ちゃん=りんご=ピングドラムだけだったというオチは、確かに、残酷ではあるが、「何かを得れば、何かを失う」というこの世の摂理から見れば、それはそれで正しかったのかもしれないと見るものを納得させる。
考えてもみれば、ピングドラムというリンゴ(=果実)は、冠葉から晶馬へ、晶馬から陽毬へと渡され、(比喩的な意味で)共食されることによって、三人の「絆」の象徴となったことは確かだが、一方で、人類が最初に食することによって罪を背負ったという、アノ果実でもあったのである。陽毬の命を助けるという無理難題を叶えるために、二人の兄がこの世に存在しないこととなったという運命は、それ自体が、リンゴを食したことに対する罰を意味したとも言えなくも無いのである。
現実世界において、のっぴきならない事態を前にして、言霊(例えば「絆」という)の力だけに頼って、何事か、空気が変ったかのように済ませてしまった2011年の日本にあって、この『輪るピングドラム』が放映されたという事実をなんらかの符牒として読まざるを得ない。

ー引用終了ー

まずは,上記の引用を3つの部分に分けてみる.1つ目は,しかしー納得させる.2つ目は,考えてみればーないのである.3つ目は,現実世界においてー読まざるを得ない.である.演繹法について簡単に説明すると,結論ー小前提ー大前提があるということだ.よく使われるのが,ソクラテスは死ぬ(結論),なぜならソクラテスは人間だからだ(小前提)(ここから大前提である”人間は死ぬ”も導かれることになる).さて運用上の注意は以上で終わりにして早速ゲームスタートだ.

 

1つ目の文章は以下のように分解できるかもしれない(あくまで可能性だ.これは,ゲームなんだから,そんなにアツくならないでほしい).

まずは理由(小前提・根拠):

リンゴだけだったというオチは,(残酷ではあるが)「何かを得れば,何かを失う」というこの世の摂理である.

次に結論:

よって,リンゴだけだったというオチは,正しかったのかもしれないと見るものを納得させる.

最後に大前提(論拠):

(残酷ではあるが)「何かを得れば,何かを失う」というこの世の摂理は,正しかったのかもしれないと見るものを納得させる.

 

上記のように分けてみた.つまり,この文章を書いている人は,この世の摂理には,人を納得させるだけの強さがあるということを前提にこの文章を書いていると推測できる.これは,創作論でもよく議題になる作品のリアリティが云々というやつだろう(うーむ,作品のどの部分でリアリティを出すかによってその作品の面白さもまた左右されるのかもしれないということについて考察をしたくなってきた).

この文章に関しては,演繹法で分解するよりも,そのまま読んだ方が理解しやすいかもしれない.

 

次は2つ目の文章である.

理由:

ピングドラム=リンゴは,本作品における絆のシンボルであるが,聖書において人類が背負った原罪のシンボルでもある.

結論:

よって,リンゴ=ピングドラム(=本作品のタイトルの大部分=本作品)は,陽毬を助けるために兄二人がいなくなったという運命をリンゴを食べたことに対する罰として表現しているのではないだろうか.

論拠:

聖書における原罪のシンボルを本作品における絆をシンボルとして用いたということは,リンゴを食べたことに対する罰として陽毬を助けるために兄二人がいなくなったという運命を用いたということである.

上記のように分けてみた.まず,理由の部分でピングドラムを聖書におけるリンゴのシンボルとして捉えつつ,結論の部分では,ピングドラムという単語を作品として利用している.これは,まぁ,創作で言う所の暗喩という技術であると推測される.また,”聖書におけるリンゴを食べる=ピングドラムにおける陽毬が救われる”,”聖書における原罪を背負う=ピングドラムにおける兄二人がいなくなる”.という対比になっているのではないかという仮説に基づいてこの文章を書いたのではないだろうか.しかし,果たしてリンゴを食べるという行為は,救いと言っていいのだろうか? という疑問は残る.

 

最後に3つ目の文章である.が,この文章はかなりの難題だった.といよりも,演繹法ではなく帰納法的な文章な気がしてならないがゲームのルールは演繹法で解釈するなので,演繹法で解釈してみる.

理由:

社会情勢と反対のテーマ性をもった創作物というものは,社会情勢に対する作者なりの意見表明と捉えることができる.

結論:

よって,(2011年の絆という言葉で犠牲を見て見ぬ振りをしていた)社会情勢と反対のテーマ性(=何かを得るためには,何かを失う必要があるというテーマ性)をもった輪るピングドラム(という創作物)(が放送されたという事実)は,(2011年の日本社会に対しての)なんらかの符牒である.

論拠:

社会情勢に対する作者なりの意見表明は,(社会情勢に対する)なんらかの符牒と捉えることができる.

上記のように分けてみた.これは,引用した原文からかなりの改変を加えないと演繹法にすることができなかった.原文は,一見するとなんとなく意味がわかるのだが,演繹的に理解するのに苦労が伴った.おそらくだが,この文の書き手は,輪るピングドラムは,東日本大震災後の2011年,当時の日本社会にあった絆という言葉で現実を見ようとしない風潮に対してのアンチテーゼだったという風にとらえたのではないだろうか.この原文に関しては,理由に当たりそうな部分が複数あること,と明示的に理由を示していないところが演繹的に理解する際のハードルになっているように感じた.

 

以上で,ゲームは終了である.こんな感じで,色々な文章を演繹的に分解して理解すれば,自分もいずれは演繹的に考えることができるようになるのではないかと夢想している.が,道のりは長そうである.(勝手に)引用したWEBページとページの書き手の方に多大な感謝を述べたいと思います.どうも,ありがとうございました.